9/13(土)
下関に行ってきました!
広島と山口は隣同士ですが、下関は九州よりというかもう海を越えたら九州という場所なので、かなり遠いです。
目的は下関ですが、道中では秋吉台などにもよってきましたよ。

まずは最近開通した、広島高速3号を使って廿日市まで。
そこから高速に乗り込み、まずは十文字を目指します。
美祢市ですね。
連休初日でしたが大した混雑もなく、順調に進みました。
そして最初の目的地、阿武川ダムへ!
・・・なぜダムとな。
うちの嫁さんがダムカードを集めるのにはまっておりまして、絶賛ダム祭り開催中なのです。
秋吉台を抜け、キャンプ場みたいな場所を横目に見つつ無事に到着。
途中、道の駅みとうでお昼ご飯。
ゴボウのテンプラがおいしかった。
ごぼうを練りこんだそばもおいしかった。非常にレアなものを頂きました。
マロンアイスと梨アイスもうまし。
道の駅みとうまじでおすすめです。
裏にきれいな川が流れていて、鯉とかがちょうが泳いでました。
すごく良い場所でした。秋がいいね。夏でもいいけどちょっと暑いかもね。
それから謎の県道を抜け、秋吉台の長者ヶ森へ。
ぎりぎり車で行けるところまで行きました。
すごいの。
カルスト地に部分的に森があって、木々をくぐって中に入ると、木漏れ日しか届かないような暗い森。
ファンタジーの世界です。好きすぎて死にそうでした。
ここはまた落ち着いてもう一度来たいです。
秋吉台も歩きたいな。

そして今度は秋芳洞へ。小学校の修学旅行以来ですね。
なんとなく覚えていましたが、思っていたより広かったです。
黄金柱より向こうまで行って、帰ってきました。
入口付近の鏡のような水面がうつくしい。
川なのに、まるで流れていないかのようで、壁などが写りこんで非常に美しかったです。

そこから木屋川ダムと湯の原ダムへ。
そして2号線を走って、着いたぞ下関!(道中西日がめっちゃ眩しくて目がやられそうでした。)
とりあえずホテルということで、急遽予約できた東横インへ。
専用駐車場がいっぱいで、近くのタイムズを紹介してもらいました。
本当はここからカモンフールという観光客向けの食物屋集合施設にいくつもりでしたが、ちょっと距離があったので近場で食べることに。
ふくふく!(山口県では「ふぐ」を「ふく」と言います。)
頂いた周辺MAPなどを見ながら部屋でどこへ行くか悩む。
18時も過ぎて徐々に暗くなってきてもいたので、ご飯にでました。
が。
まずはゆめタワーに向かいました。
ライトアップが綺麗そうだったので。近かったですしね。
ここはライトアップがちょっと特殊で、曜日によって色が変わります。
この日は青色でした。
入塔金も600円、しかも各種カードで10%OFFという安さで利用しやすかったです。
30階までエレベーターで上がっての、上空から眺める夜景は最高にきれいでした。
九州もすぐそこでしたよ。
そこから目指すふく料理屋さんへ。居酒屋さんですが、なかなかよさそうということでそこにしました。
『三枡』というお店です。
建物の入り口まで、通路沿いから10mほどの道が続いていて、ビルに入ると入口のたたずまいもなくドアに「入口」と書かれていました。
高級感と低俗感の連続になんか泣いて逃げそうになりましたが、嫁に背を押され入ってみました。
カウンターと周りに座敷がある、こじんまりといた居酒屋さんでした。
息子さん?と年配のお母さんとの二人でされていました。
店内は一人の若い人と、一人の常連ぽいおじさんのみ。落ち着いた雰囲気でした。

刺身の盛り合わせ(ヒラマサ、ぶり、ひらめ)
ふくのから揚げ
ふく刺し
枝豆
てっちり

を頂きました。
もうね、もうね、嫁との合言葉が「甘い」「歯ごたえがある」でした。
何を食べるにしてもこの言葉が自然と出てきましたね。
魚は新鮮で臭みもないですし、枝豆のあの存在感。
ふく刺しは、ふくで青葱を巻いてポン酢につけていただきます。
薬味なしで食べるより、薬味ありの方がより味に深みが出ました。
おいしかったー。
お店を出て、いったんホテルへ。
そしてスイーツを食べようと、もう一度でました。
近くにケーキ屋さんがあってしかも23時まで営業とかいうすごいとこでしたが、求める商品がなかったので出ることに。
結局「笑笑」でちょこっとお腹をごまかしました。
ここで食べた枝豆がいつもの冷凍っぽい感じで、庶民感覚が戻ってきました(笑)
帰ってすぐに就寝。嫁は帰った時にはもう寝てました。



9/14(日)
朝食バイキング9時までに8時50分から参戦して朝ご飯。
お味噌汁がおいしかった。

そしていざ海響館へ!
近かったです。ちょっとこみかけでしたが、駐車場も臨時へ行かずに止められました。
初海響館。
入館料が2000円なのですが、年間パスが4000円と破格です。下関市民なら絶対買ってるわ。
でもね。「秋芳洞」「金子みすゞ美術館」「海響館」のみっつに行けて2400円とかいう破格ぶっちぎりチケットを買っていたので十分お得でした。
ショーが始まっていたので、とりあえずそっちっぽい方向に行きましたが、どうやら普通のルートだったようです。
さすが下関、ふぐコーナーが充実していて、各種ふぐを見ることができました。
途中でショーのところに抜けられたので行ってみましたが、これがすごい!
よくあるイルカとアシカのショーなのですが、海沿いということもあり、オーシャンビューが美しい。
イルカやアシカ、おねーさんや観客までなんか無性にテンションが高くて、すごく盛り上がる楽しいショーでした。
いろんな水族館に行っていますが、あんなに全体的にいい雰囲気のショーは見たことないかも。
そのままルートにもどります。
なんかしらないですが、ウツボが元気でした。
あんなに泳ぐウツボ初めて見たわ。
愛しのマンボウさんや、ミズクラゲさんのコーナーも堪能して進みます。
ホールに飾ってある、シロナガスクジラの骨の展示も大迫力でした。でかい。ラスボスぽい。FF]のシンみたい。
出口付近で行われていたイベント、「アブナリウム」が超楽しかったです。
http://www.kaikyokan.com/blog-event/post-350.php
危険な魚たちを展示しているのですが、わざと照明を落として赤い照明を当てていたり、魚たちが喋っているテイストで紹介分があったり、最高に盛り上がりました。
こえええよ!アンボイナとかいう貝?の丸のみ動画とか泣きそうでした。
散々脅かしておいて、でもこれは生きるために必要なことなんだよ、みたいにまとめてあったのが最高でした。悪役で終わらせないところに憧れます。

そこから唐戸市場へ。
歩いていける距離です。
というか、海岸沿いを歩いていきます。
巌流島行の船とかもでていました。
まさしく市場でした。
日曜の13時ころということで、人も多くて非常に賑わっていました。
各お店が、海鮮丼や寿司を並べていました。
ネタもきらきらしていておいしそうですし、値段も100円〜というお手軽さ。
どこも行列ができていました。
適当に回って、二か所で寿司を購入。あと別に500円でアワビも買いました。
二階のスペースを見つけて、座って食べることもできましたよ。
モー最高においしかったです。住みたい。
甘海老やサーモンもよかったのですが、一番はとある店のイカでした。
見るからにおいしそうで、大人気で売切れては補充を繰り返されていました。
デカいので1つで2つ分の価値はあるし、味やはごたえも抜群。それで100円とか異常です。
そのあともちょっと散策して、イカのから揚げを食べたり、嫁はチョコのスイーツを食べたりしていました。

お腹も膨れたし、近くでお土産も買ったので、帰路につきます。
が。
帰路と言いつつ、途中でダムに寄りながら帰ります。
まずは佐波江ダム。
読めます?
「さばえだむ」と読むそうです。
そのままの流れで、向道ダム、川上ダム、菅野ダムを回って帰りました。
17時までしかダムカードはもらえないので必死。
向道ダムのあたりで、「あれ?これがんばればあと二個回れるんじゃない?」という話になり、寄り道もせずに一直線にダムをめぐりましたよ。
最後の菅野ダムについたときは16時58分。
ナビの到着予想を真剣に見つめながら走りました(笑)

そんな感じで帰宅。
途中、ご飯を食べに行ったところが潰れていて、サブウェイになっていたのだけ残念でした。
長距離ドライブにはなりましたが、天気も良く、暑すぎもせず、非常に良い旅となりました。
空気も森林浴も気持ちよかった。
下関は観光客にやさしいですね。観光場所がとにかく安いイメージが付きました。
またぜひ行ってみたいと思います。

PS.写真も載せようと思ったら暗い場所での写真が多く、ピンボケばかりだったので断念!