8/9(金)
新幹線に乗って青森県へ。
9時半頃の新幹線。家を8時ころ出発。朝ご飯は売店のタコ天おにぎりとアナゴおにぎり。
岡山で彼女さんと合流。
東京で乗換。
駅弁を買う。
あの有名なはやてさんに出会えました!E5系の初音ミクカラーですよ。

この子。
ちゅっちゅしてる。かわいい。

時はあっという間に過ぎ、17時半頃に八戸駅に到着。
お母様がお迎えに来てくれてました。
せっかくなので、周囲になにもないという八戸駅を見てみる。
ホテルとかができたから、当初よりは華やいでるのだとか。
ちなみに、新幹線駅ができるまでの八戸駅は本八戸と呼ばれるようです。
どうして新幹線のとまるこっちを新八戸駅にしなかったのかが謎ですね。

ぐるぐると市内を周りながらご自宅へ。
彼女さんが生まれた時からずっと続けているという家族新聞的なものを見せてもらいながらお父様のお帰りを待ちました。
ちょっとすると帰ってきました。初対面。
改めて「結婚させてください!」とかは言えませんでした。タイミングを逃したというか。
よろしくお願いしますとか言ってた気がする。
晩御飯は、きんぴらごぼうと、玉ねぎと牛肉の煮物?と、せんべい汁。
ご当地グルメですよ!せんべい汁、なんだかんだで初めて食べましたが、たいそうおいしかったです。
せんべいがすごくモチモチしてました。
美味しかったので遠慮なく食べまくっていたら、大食いのレッテルが張られることに・・・。
いやでも、そのあとも食べてたから仕方ないですが。
この日はとってもらっていたホテルに泊まり。
今回の旅行すべてに言えますが、1から10まで至れり尽くせりでした。本当にありがたいことです。


8/10(土)
ぶっちゃけ曜日感覚とか日付感覚有りませんが。
朝はホテルのバイキング。
せんべい汁があったのでワクテカしながらとってみたら、なんだこれ・・・。
せんべいはシナシナだし、味も・・・ってな感じでした。サバ缶とか入ってなかったしね。
最初においしいせんべい汁食べさせてもらっててよかったです。騙されちゃだめよ、みんな!
スープ焼きそばとかもご当地グルメ系でおいてましたが、あれもきっと偽物レベルだと思います。
イカフライはおいしかったです。

10時ころから行動開始。
まずはおじい様達へご挨拶に。
お医者さんだそうで、もう90歳なのにまだまだ現役とか。お元気でした。すごし。
政治家の知識もすごかったです。出身校を言ったら、関連する人物がすらすら出てくるんだもん。
お昼はそこでお勧めしてもらったお蕎麦屋さんにGO。
もと自衛官の方が自宅を改装してやってるお店でした。
蕎麦うまい。蕎麦湯もうまい。そして海老天が最高においしかったです。ぷりぷりしてるんだ。

ここからドライブの旅です。
まずは八幡宮へ。国宝館で鎧とか見てきました。
天皇陛下の鎧は、さすが豪華でした。作りがワンランク上。きれい。
外国人観光客も団体さんできてました。体験鎧を着てました。
学芸員さん?のお話が面白かったです。昔の人はすごいなぁと、常々思います。
写真撮り忘れましたが、八幡馬という守り神?がいるのですが、これがかわいい。超かわいい。
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/bussan/bussan.html

彼女さんの出身幼稚園、小学校とか見つつ、八戸キャニオンへ。
ででーん。
すごかったです。広大。見渡す限り白い大地。
ここで切り取られた石灰岩がベルトコンベアで港まで地下を通って送られるというのだからさらにすごい。
ちなみに余談ですが、当然道路も石灰岩なので、車の下半分がグラデーションで白くなってました。
ついでに僕らの足元も真っ白くなってました。恐ろしいわ。車見たらどこに行ったか一発でばれるね。
そのまま南下。
種差海岸へとやってきました。
海だー!太平洋だー!力強い波でした。相変わらずやるな、太平洋君。
ウミネコもいっぱいいました。でも、場所によってはこんなもんじゃないそうです。
爆弾とかいうお菓子もあるみたいです(ウミネコのフンが落ちてくるのでそう呼ばれてるとか。。。)
砂浜、草原、海と三拍子そろっていて、人も多かったです。まあお盆の割には少なかったのかな。
のんびりとできるし、いいところですね。
で、その横の、海水浴もできる砂浜へ。
こっちは人がごみのようでした。
家族連れから、若いにーちゃんねーちゃんまでいっぱいいました。
駐車場と海が近いので、すごく便利がよさそうです。
駐車場入口の看板に「海が近いです300円」とか書いてあって笑った。
そして砲台跡へ。アメリカは見えませんでしたが、あの方角にアメリカがあるというのはわかりましたよ。
さらに蕪島へ。
ここです、ウミネコの聖地。
ウミネコの神社までありました。なお、フンを落とされたら、証明書がもらえるみたいです(笑。

ミニストップでハロハロとかいうかき氷を買って、一度帰宅。
暑かったー。31度くらいなので、呉とかに比べると温度は低いですが、やっぱり暑いものは暑い。
じりじり焼かれました。
そして晩御飯はみろく横丁へ彼女さんと向かってみる。
中央地にある、屋台通りですね。
でも、あえてちょっとはずれにあるサバの駅というお店へ。
いろんなサバが食べられるということだったので。正解でした。サバうめー!
あと、噂のホヤも食べてみました。貝です。
磯臭さはありましたが、僕は好きな臭いです。歯ごたえはやわらかいので、もうちょっとあってもいいかも。
ただ、けっこう量があるので、それはありがたいところです。
帰りに、サバの駅と書かれた切符をもらいました。5枚で好きな飲み物一杯サービスとのこと。
あの切符の遊び心はいいな。
そして今日もホテルで就寝。


8/11(日)
日付の感覚はやっぱりない。
今日は朝から岩手県野田村へ。震災の津波被害がひどかった地域です。
どうやらお父様の実家がそこにあって流されたとか。お姉さまは今もプレハブに住んでいるみたいです。
「緑が生えてきて、かなり穏やかになった。」
とのことでした。
海から何十メートルも離れたところが、更地になっていました。
瓦礫はほとんど撤去されていました。
土の色。そして、言葉の通り、緑が覆っています。
高台へと続く街灯が折れ曲がっていました。
中学校のグラウンドに、これでもかという寄せ方でプレハブ小屋をいっぱい立てていました。
現地に行かないと分からないことはやっぱりいっぱいあるみたいです。
お墓にもよらせていただきました。ご先祖様にもご報告。
1時間ちょっとの道程でしたが、地震翌日は3時間以上かかったそうです。
自然の力は恐ろしいです。

お昼は海鮮のお店へ。
あまちゃん効果で人が増えているんだとか。
海鮮ラーメンと生うに丼をいただきました。うまー!
うに丼ってこちらでは、卵でとじたかつ丼みたいなものみたいです。
生うには生うに丼なんですって。文化の違いを感じる。
ドトールでコーヒーを飲んで、帰宅。
そこから、従妹のピアノの発表会についていかせてもらいました。
館の人と何度も事前に電話でやりとりをしていたのに、車いすの手配の段取りが悪い。お役所だなぁと。
ピアノの発表会とか久しぶりです。小学生から高校生まで、みんながんばってますね。
従妹ちゃんは中学生ながらラヴェルを弾いてました。すげー!水が流れるように演奏してました。
途中でしたが抜けて、浅虫温泉へ!
今日の宿泊場所です。
途中の畑では、タバコや山芋やゴボウが作られていました。
野辺地を抜けて民宿へ。
ここでもおいしいご飯を頂きました。

こんなの。

刺身もアナゴの卵とじもおいしかったですが、ブランド牛が超うまい!
やわらかくて、脂身まで美味しいとかどうなのこれ。世の中、まだまだ美味しいものが眠っていますね。
ぶどうもおいしかった。とにかく、お料理が最高でした。
温泉もあったので入ると熱い!もう一つあったのでそっちに入ったら、そっちのほうがさらに熱いと注釈がありました。
あっつ!!でもゆったりできました。


8/12(月)
朝ご飯もうまい。ここはええところや。帰帆荘さんです。

まずは五所川原へ。
立佞武多(たちねぶた)を見に行きます。

1義経
2鹿嶋大明神と地震鯰
安倍晴明

3台の山車を作るのですが、毎年1台を壊して、新しく作るみたい。やりくり上手ですね。
正直、こんなに大きいと思っていませんでした。でかい。これを人力で動かすというのだからすごすぎます。
昔の設計図を見つけて、巨大な山車を作ることを夢見た人たちが始めたっていうのも驚きですね。
ついでに、一緒にやってた刀剣も見てきました。

そしていざ田んぼアートを見に出発。
田舎館村というところです。
道中はどこまでもまっすぐ続く道が美しかったです。岩木山も最初は雲隠れしてましたが、最後は見えました。
青森県の富士山ともいえる山です。
で、田んぼアートですね。
数年前から遠近法を考えた田んぼアートをしており、上からの眺めが最高にきれいに見えるとのこと。
しかも村役場からみられるというのがすごい。その村役場も、お城みたいでかっこよかったです。
さすがに人が多くて40分くらい待ちましたが、待つかいはありましたね。

アート。
アート2。

すばらしい。7種類9色の稲を使っているそうですよ。
足湯に使って、とんかつ屋さんへ。
行ったのはいいけど、なんとお米が終わって終了してました。ガーン。
おいしいところだったそうですが。
仕方ないので、田んぼアート第二会場でもある道の駅のようなところでご飯。
弥生時代風うどんを食べました。団栗とかの粉が練りこんであるとか。
これがなかなかおいしかったです。

アート3−1。
アート3−2。

こちらもお見事でした。
ちなみに、去年の今年の漢字を石で表現してるのもありましたが。

これ。

よくわからないですね。はい。


そこから八戸に帰っていきます。
起きてようとがんばっていましたが、途中でカクカクなってました。
ずっと運転してもらっていたのに、申し訳なかったです。
途中、七戸によりました。
道の駅のようなところによって、そのあと牧場へ。
最近話題のジェラート屋さんがあるそうで。
チーズとかトマトとか変わり種もあります。
期間限定のココナッツを頼もうと思っていたのですが、僕の直前で売り切れに!
チーズとクッキーのダブルにしました。濃厚でうまし。
外はまさしく放牧場のような感じ。
牛のモニュメントとかありました。疑似乳しぼり体験もできるみたい。
面白かったのは、農耕作業車もおいてあり、それにも乗ることができたことです。
子供たち+αが楽しそうに乗り込んでました。
また、ラッキーなことに、一面の向日葵畑も見ることができました。
向日葵大好きなので、超幸せ。
かなりの面積を占めていて、まさしく圧巻でした。

ここで一度別れて、夜に居酒屋さんで合流です。
行きつけのお店みたい。
マスターが面白い人で、箸袋に必ず何か文字を書いてくれます。
ギターもお得意みたいで、こないだやったというライブのDVDを買わされました(笑。長渕剛さんがお得意だとか。
で、今回の文字たち。

虫シリーズとのこと。読めるかな。

漢文みたいに、意味を持って書いているようで説明してくれました。
これとは別に、彼女さんのくしゃみが止まらなくなった時に、くしゃみを漢字で書いて持ってきてくれました。レアもの!
食べ物は美味しかったです。こればっかだ!
珍しいもので、シロナガスクジラのお刺身を頂きました。レアものみたい。馬刺しみたいでした。
あとはタコの白子とかも初めて食べました。チーズみたいでした。
そして最後には、例のギターを聞かせてもらいましたよ。かっこええわぁ。歌もお上手でした。
オリジナルソング歌ってもらえましたよ。

お店を出た後、彼女さんと二人でモスへ。
いや、喫茶店に向かったらもうしまってたんです。
コーヒーシェイクを飲みました。美味しすぎです。冷たいけど、コーヒーの苦みが口をしゃきっとさせてくれます。
ホテルに帰って最後の就寝。


8/13(火)
8時にチェックアウト。
八戸駅で朝食バイキングを頂きました。
併設されたユートリーでお土産あさり。
ドトールで時間をつぶして、お別れとなりました。
入場券だけ買うというのを待っていたら、列車の時間が来たので別れの挨拶も早々に新幹線へダッシュ。
ところが、秋田の洪水の影響で遅れた列車との乗り継ぎのため、15分くらい遅れて出発とのこと。急いで損しました。
帰りの新幹線内でおいしいと話題の牛タン弁当を買う。紐引いたらあったまりました。世の中すごい。
で、東京駅で乗り換えのはずが、13時30分発なのに、到着が13時30分。
その辺の駅員さんに聞くとたらい回しにされましたが、最後には20分後の新幹線をとってもらえました。よかった。
ということで帰宅。
呉は湿度が半端じゃなく高かったです。


そんなわけで、5日間の旅行でした。
宿泊からご飯まで、1から10から100からお世話になった旅でした。至れり尽くせりという状態ですね。
思いっきり甘えさせていただきました。
美味しい美味しいといってますが、なんだかんだで初日のせんべい汁が感動も相まって一番おいしかったです。
今度は愛媛を案内したいものですが、僕の愛媛知識が足りなさそうですね。もっと地域の勉強をせねば。